1. 不倫成就論

不倫恋愛の罪悪感と、オナラの話

不倫恋愛の罪悪感とオナラに共通するお話をひとつ。

こんにちは、高野那々です。

「不倫恋愛に対する罪悪感、私はありません!」

という方でも、親に話せないという点では、後ろめたさを感じている場合があります。

あ、もちろん、わざわざ話す必要はないと思います。

だって、「わかってほしい」「認めてほしい」と思うから打ち明けるわけですよね。

それって、エゴになる可能性もありますから。

「理解できない」両親を「理解する」という気持ちがあるといいですよね。^

(両親も応援してくれています!という人も、中にはいます)

ところで、

話せない=ウソをついている

このように、自分がウソつきだと思うことって、苦しいです。

ウソも方便という言葉があるように、人を傷つけないウソってアリだと思うんですよ。

たとえば、彼の後ろでオナラをしてしまった!

こういうとき、わざわざ、オナラの申告します?

いや、してもいいんだけど、恐らくしない派の女性が多いんじゃないかと。

自分のウソがダメで許せないなら、オナラのことも言わなきゃいけなくなりますよね。

本来、ウソに小さいも大きいもないですもん。(自分で決めているだけ)

だから、「隠すのは悪いこと」と、ガチガチのルールを作って自分を責めないでください。

不倫もオナラも、同等です。笑

不倫成就論の最近記事

  1. 不倫恋愛を楽しむ、ということ

  2. 既婚彼氏とうまくいかない現実は、毒出しのようなもの

  3. 既婚彼氏の奥様の出産後、心がざわざわしていました

  4. 既婚彼氏への不満が募ったら

  5. あなたは、もっと、愛を受け取れます

関連記事

PAGE TOP