<div id="message"> <div class="contents"> <h3>Information</h3> <p><a href="https://takanonana.theshop.jp/" target="_blank" rel="noopener"><img src="https://nayami-kaiketsu.jp/wp-content/uploads/2012/08/banner_620_150_2.png" alt="" width="620" height="150" class="alignnone size-full wp-image-3281" /></a></p> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=8">>不倫恋愛を実らせるための無料メール講座</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=82">>カウンセリングご案内ページ</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=3746">>クライアント様からのお喜びの声</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/nana_profile">>高野那々のプロフィール</a> </div> </div>

不倫恋愛の罪悪感と、オナラの話

不倫恋愛の罪悪感とオナラに共通するお話をひとつ。


こんにちは、高野那々です。

「不倫恋愛に対する罪悪感、私はありません!」

という方でも、親に話せないという点では、後ろめたさを感じている場合があります。

あ、もちろん、わざわざ話す必要はないと思います。

だって、「わかってほしい」「認めてほしい」と思うから打ち明けるわけですよね。

それって、エゴになる可能性もありますから。

「理解できない」両親を「理解する」という気持ちがあるといいですよね。^

(両親も応援してくれています!という人も、中にはいます)

ところで、

話せない=ウソをついている

このように、自分がウソつきだと思うことって、苦しいです。

ウソも方便という言葉があるように、人を傷つけないウソってアリだと思うんですよ。

たとえば、彼の後ろでオナラをしてしまった!

こういうとき、わざわざ、オナラの申告します?

いや、してもいいんだけど、恐らくしない派の女性が多いんじゃないかと。

自分のウソがダメで許せないなら、オナラのことも言わなきゃいけなくなりますよね。

本来、ウソに小さいも大きいもないですもん。(自分で決めているだけ)

だから、「隠すのは悪いこと」と、ガチガチのルールを作って自分を責めないでください。

不倫もオナラも、同等です。笑

10日間無料メール講座のご登録はこちらから。

10日間無料メール講座
お名前(苗字)  *
メールアドレス  *
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

ブログをメールで購読