1. 不倫成就論

甘え方がわからない全国の女子の皆さんへ!甘え下手を卒業する秘訣

こんにちは。高野那々です。

今回のテーマは、
【甘え方のわからない全国の女子の皆さんへ!甘え下手を卒業する秘訣】
と言うテーマで、お届けしていきたいと思います。

既婚者の彼に甘えたほうがいいって、わかってるけれども
自分は甘え下手だし、どうしたらいいか、わからない!
そんな方は、今回のお話しをぜひ、参考にして見てください!

「甘える」と「要求」

このお話しをさせていただくきっかけになったのが
ある方からいただいた動画に対するコメントでした。読ませていただきます!

———
見返りを求めると、男の人に甘える、の違いが分からないです。
ぜひ教えて下さい。
———

というご質問でした。
「甘える」ということが、どういうことかわからないとか
自分のやり方が、彼にとって見たら「見返りを求められてるんじゃ?」って
思われてしまったらどうしよう!
ということで、前に進めなくなってるのでは?
というふうに、イメージをしました。

「甘える」とか「甘えない」って、一体、どういうことなんだろう?
ということですよね?
多分、「甘える」のイメージが
「あれして〜!」
「これして〜!」
「私のために何かして〜〜」
「私の言うことを聞いて〜〜」
みたいなイメージなのかな?って思いました。
そうすると、「甘え」って言うよりかは
「要求」になる可能性がありますよね?
そうすると彼も、「重たいな」とか
「なんでそんなに要求ばかりしてくるの?」というかたちで
2人の関係のバランスが崩れて来るっていうことがありえますよね?
例えば、「疲れた〜!肩揉んでぇぇぇぇ」「迎えに来てぇぇぇぇ」
「冷蔵庫の中のプリン取って来てぇぇぇぇ」みたいに
パシリかよ!っていうね。
もちろん、関係性に寄ります。
彼が、めちゃくちゃ、彼女のためにしてあげることが大好きで
2人の関係性が、彼女が要求して、それでも彼氏がOKなのであれば
全然、これはいいと思うんです。
成立すると思うんです。
でも、これをそっくりそのままマネすると
やっぱりうまくいかないパターンっていうのもあると思うんですよね?

だから一番いいのは、「あれしてー」、「これしてー」の「あれ」、「これ」の部分を
スキンシップに置き換えるといいと思うんです。
例えば、「キスして〜」「ハグして〜」みたいな感じ。
こうすると、彼側も大して労力かからないし
彼も好きな彼女と触れ合えて
甘えられて嬉しいじゃないですか?
こういうことを、彼との関係性に盛り込んで行って行くといいんじゃないかな?と思います。

甘え上手、我が家の幼児

 

ただね、今回のテーマは
「甘え下手さんからの卒業」と言うことなんですけれども
具体的なこれ以上の甘え方については
それこそ、YouTubeで「甘え方」とか
「甘え上手」とか検索すれば
いっぱい出て来ます。
だから、私がここで詳しく解説してもなーと思ったんです。
だけど、うちの家庭内に甘え上手な先生がおりました。
それは、最近4歳になった娘です。
彼女は、完全に自己肯定感が高い!!
自分のことをかわいいと信じて疑ってないです。
もちろん可愛いんですよ。
可愛いんですけれども、その自分を認めてるところっていうのがハンパないんですね。

例えば、「歯を磨いて来なー!」って洗面所に行かせても
ずーーーーーーーーーっと、自分の顔を鏡で見てるんですよ。
「えっと・・・、歯を磨こう」みたいな。
しかも、ひどいときは、自分の顔を鏡で見て
ひとしきり満足したら、歯を磨かずに戻って来るんですね。
「歯、磨いた??」みたいな。
歯をまず磨いてくれよ!って言う感じなんですけど
とにかく彼女は、自分のことが可愛いと思っている。
那々夫もメロメロですよ。
その娘って言うのは、どちらかと言うと、ママと言うよりパパっ子なんですね。
自分が抱っこして欲しい時は
「だっこ!だっこ!だっこ!だっこ〜〜〜〜〜〜!!!」って
「だっこコール」が始まるんですよ。
そうすると、那々夫忙しいときも「わかったよ」って言って、抱っこしてあげると。
そうすると、私の方をチラッと見て、ドヤ顔するんですよね。

抱っこされて勝ち誇り顔の4歳娘

「今、だっこされてるよ、私」みたいな。
そういうところがお茶目ではあるんですけれども
あとは、那々夫が寝てる時に
いきなり、「パパー!!」って、ダイブしてきたりとか、ま、こういうこともあります。
そうすると、那々夫も「うわ!重っ!!」とかなるんですけど
可愛いしって言って、ギューとすると。

こういうかたちで、娘の頭の中にあるのは
「今日はパパは疲れてるだろうから、起こしちゃいけないよね?
私がいきなり乗っかったら、重たくて迷惑だよね?」
なんて、微塵も思ってないわけですよ。
まぁ、当たり前ですけれどもね。
そう言う風に「遠慮をしない」ということも1つのポイントかな、と思います。

最後に

 

というわけで、今回お話しさせていただいたことを
ぜひ、彼と自分の関係に取り入れてみていただきたいなと思うんですけれども
そうは言っても、「甘え上手」をあんまり目指さなくていいかなと思います。
なんか、「甘え上手」って
すごいテクニックを持って
すごく駆け引きをしないといけないようなイメージを持たれる方も
きっといらっしゃるんじゃないかなと思うんです。
でも、甘え上手じゃなくて
今まで彼にしていた要求とか
見返りを置いておいて
そこをスキンシップに変えて行く。
「チューしてー!」「ハグしてー!」「抱っこしてー!」とかでもいいと思いますよ。
子供のような気持ちで、彼に甘えてみるっていうのを
少しずつ取り入れてみると
2人の関係性も、新しい風が吹いて来るんじゃないかなと思います。

でも、決して「うわ、こんなのできない!」
「でも、出来ない自分、ダメだよな。」なんて
自分を責めるんじゃなくて
楽しみながら
新しいことにチャレンジしてみるというのが、いいんじゃないかなと思います。

ということで、4歳の娘。
それから、行動、要求をスキンシップに変えて行くっていうことを
ぜひ、意識してみてはいかがでしょうか?

★LINE登録で未公開動画特典★
↓  ↓  ↓
公式LINE登録はこちらから” width=

★スマホでどこでも学べる★
セカンドから脱却講座のオンライン版!
思考の修正集中オンラインプログラム
↓  ↓  ↓

不倫成就論の最近記事

  1. 恋愛、仕事、人間関係。願いを叶える為に必要な、たった一つのこと

  2. 【今すぐやめて】セカンドから抜け出せない人の特徴!その脱却方法を具体的に解説!

  3. 恋愛、不倫成就のスイッチを押す、手放しの仕方とは?

  4. 既婚者の彼との関係が奥さんにバレた!そのとき優先すべことは?

  5. 既婚男性の心理がわからない!その場合、彼に確認してもいい?

関連記事

PAGE TOP