Nana
Takanoofficial website

menu

Nana
Takanoofficial website

高野那々official website
恋愛・心のお悩み解決

自分が変われば
相手も変わり、
世界も変わる

高野那々official website -
恋愛・心のお悩み解決

  1. 不倫成就論

嫉妬バスターが通りますよ!過剰な嫉妬を手放すには?

こんにちは、高野那々です。

今回のテーマは「嫉妬バスターが通る!過剰な嫉妬を手放すには?」
というお話をさせていただきたいと思います。

なくならない嫉妬問題。
これどうして起こるのかということなんですが。
その嫉妬の根っこを根本から取り除くっていうのは、もちろんその方の状況を詳しくお伺いしてという形にはなります。
でもこの動画をご覧いただくだけでも、嫉妬を手放す。
しかも今からできる方法、ヒントが得られるので、ぜひ嫉妬に苦しんでいるという方は、最後までご覧頂ければと思います。

子供の頃の嫉妬


私自身、自称嫉妬研究家というのは、この嫉妬問題に向き合ってきて、もう今年で39年目ですよ。
遠い目って感じなんですけれども。
なんで39年目かというと、生まれた時から、嫉妬の根っこって始まってるわけです。
というのは、ルーツを辿っていくと、兄弟間における仁義なき戦いということなんですよね。
ちゃらら〜ちゃらら〜♪という感じですよ。
いやーこれ本当にきつい。
嫉妬を経験したことのない人っているのかなと思うぐらい。
今は別に私対して嫉妬も経験ないですとか、全然苦しくないですと言える方もいらっしゃると思います。
でも子供の頃って、やっぱり嫉妬を感じた瞬間ってあると思うんです。
要するに、それを今でも引きずってるか、引きずってないかの違いだけ。
この動画を今見てくださっている方の中で「私兄弟いません。一人っ子です。じゃあなんでこんなに嫉妬してるんですか?」ということは、ちょっとお待ちください。
後で詳しくお話しします。

兄弟間


まずは兄弟がいる方の場合。
嫉妬が起こりやすい兄弟間で、その立ち位置っていうのは、自分が長女さんで、下の兄弟が同性の場合。
これは結構、根深いですよ。
というのは、長女さんというのは、もともと親を独占してた時代というのが一定期間あったわけですよね?
つまり一人っ子の期間があったわけです。
なのにいきなり、ちやほやされて、関心も持たれて、優先されてたのに、独り占めできてたのに、いきなりぽっと出の、なんかよくわかんない女の子出てきて、そこに感心も優先的な立場も全部奪われたみたいになっちゃうわけです。
その時の喪失感とか悔しさって、想像つかないですよね。
これは長女さんじゃないとわかんないかもしれないです。
だから長女さんとか真ん中っ子さん、末っ子さんによっても、嫉妬の種類ってちょっとずつ違ってくるんです。
一番嫉妬が湧きやすい兄弟の立ち位置というのは、自分が長女さんで、下が同性の場合、妹の場合。妹にお母さんとお父さんを取られた、注目を奪われたとなるわけです。

でその後自分の中で設定をするわけです。
私は奪われた、私は負けたと。
だから自分は諦めるとか、力を出さないとか、あとはとにかく目立ちたい!もう一度注目を奪い返したい!なんかも悪いことでも何でもいいからやってやろうみたいな、そういうちょっと非行に走る場合もあったりします。
でも本当に複雑ですよね。
あのルーツはやっぱり、その兄弟間における嫉妬で、それが大人になっても引きずってたりすると、恋愛にも影響を及ぼしてくるという、いつもなんか奪われるような恋愛だったり、いつも優先されないとか、そういう恋愛をするようになってしまう、というワケなんです。

一人っ子


ということで、今までは兄弟がいる場合の嫉妬についてお伝えしたんですけれども、一人っ子の場合はどうかということです。
一人っ子さんの場合は、まぁ私も一人子なんです。
クライアントさんで、もちろん一人っ子さんの方多いですけれども、それでも嫉妬が強いと。
今不倫恋愛をしていて既婚者の彼の奥さんに嫉妬したりとか、社内不倫恋愛の場合は、彼に親しげに話しかけてくる同僚の女性に嫉妬したりとか、いろいろなケースがあります。

その中でどうして嫉妬が湧くのかというと、一人っ子さんというのはもともと親を独占してたわけじゃないですか。
争った経験がないんですよね?
だから独占欲も強いし、親に対する執着心も結構強かったりするんです。
まあなんだってそれを手放して、今は全然違いますよという方もいらっしゃるんですけれども、結構強かったりするんです。

最後に


じゃあここから、どうしていったらいいかといいますと、まず兄弟がいらっしゃる場合は、その兄弟について、悔しいとか奪われたと思うわけじゃないですか。
だったらこれから自分のためにも、その兄弟に見えるいいところというのを、ちゃんと認める。
例えば、「妹はこういうところがすばらしい!」とか「弟はこういうところが素晴らしいな」というところを、ちゃんと自分の中でしっかり認めるという事が大事なんです。
そうすることによって、負けた悔しいという気持ちが減っていきます。
なんせ自分の身内ですから、身内の能力を認めることによって、実は自分もその能力をインストールできるようになるんです。
でも否定していると、なかなかその能力が使えなくなるわけです。
なぜなら否定=遠ざけているということになりますので、遠ざけると得られない、というわけなんです。
なので兄弟の能力を認めると、嫉妬心が減っていって、自分のためにもなる。
あと一人子さんの場合は、もともとずーっと得ていたわけです。
親の愛も注目も。
だから得ていないとか、人に対する嫉妬にフォーカスするのではなく、まず得ているものを得られて得てきたものに対して、注目をする。
もう一度フォーカスするということをすると、自分の中に安心感が戻ってきます。
そういうことを自分の中でやっていけてるということに対して、自分に誇りを持っていただきたいんです。
私かっこいいじゃんと。
今自分は嫉妬を手放して、なんとか自分のプラスになるようなことをしようとしてるんだ。
そういう形で、自分にプラスになることをして行っている自分を、誇らしげに思っていけば、人に対して嫉妬するとか比べるとかということがなくなりますので、ぜひこれから嫉妬に苦しんでいる方は、お試していただければと思います。

★LINE登録で未公開動画特典★
↓  ↓  ↓
公式LINE登録はこちらから” width=

★スマホでどこでも学べる★
セカンドから脱却講座のオンライン版!
思考の修正集中オンラインプログラム
↓  ↓  ↓

不倫成就論の最近記事

  1. 【重要】彼を私という沼にハマらせる方法

  2. 追われる女になるためにやめるべきことワースト3

  3. 彼にお金をかけてもらえない女性の思考パターン3つ

  4. 守りたくなる!男性が放っておけない愛され女子の特徴5選

  5. なぜ私が不倫恋愛のサポートをしているのか?

関連記事

Category