Nana
Takanoofficial website

menu

Nana
Takanoofficial website

高野那々official website
恋愛・心のお悩み解決

自分が変われば
相手も変わり、
世界も変わる

高野那々official website -
恋愛・心のお悩み解決

  1. 不倫成就論

【意外と知られていない】頑張らなくても愛される秘訣

こんにちは、高野那々です。

今回のテーマは「意外と知られていない!がんばらなくても彼から愛される秘訣」
というお話をさせていただきたいと思います。

彼に愛されているのか不安とか、彼にもっと愛されるために、肩に力が入りすぎて、疲れてきてしまっている方。
それから、いつまで頑張り続ければいいの?と、モヤモヤを抱えている方。
そんなお悩みをお持ちの方が、肩の力が抜けて、自分らしく恋愛ができるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

そして11月22日にオンラインサロンの19期生さんを募集します。
このオンラインサロンに入っていただいた方から、自分のことが好きになったとか、もっと自分のことを掘り下げられるようになったとか、それから彼との関係が進展しましたとか、そういうご報告をいただいたり、彼とすでに成就された方が、メンバーとして在籍してくださっているので、そういった成就マインドに、リアルタイムで触れることができたりと、とにかくコンテンツが盛りだくさんなので、この機会に自分を一気に変えたいという方は、ぜひぜひまずは優先案内にご登録をして、募集の日までお待ちください。
ちょっと一般募集より早くご案内をさせていただきたいと思います。

我慢の恋愛


では、頑張らなくても、気合を入れなくても、彼から愛される秘訣。
これからお伝えしていきたいと思います。
よく勘違いされやすいのが、彼に愛されるためには、彼の理想の女性でいなくちゃとか、頑張って頑張って自分磨き、内面も磨いて、外見を整えて、ということをやり続けなければ、彼から愛されないんじゃないか。
そういうふうに、もう気合十分で臨んでいらっしゃる方は、少なくないんですよね。
気合十分なのはとても素晴らしいことだと思います。
彼に愛されるために、というよりかは、自分を磨くという行為そのものは素敵なことですよね。

だけど一方で、そういうことを頑張りすぎていると、自分自身が疲れてくるんですよ。
私一体いつまで頑張ればいいの?とか、私ばっかりがんばってないかな?とかね。
そうすると、今度自分の本音をガマンする、自分の気持ちを言わないようにする、という方が本当に多いんですよ。
つまりもう我慢の恋愛になっちゃうんですね。
本当の自分はどこへ行った?みたいな。
本当の自分で彼に接していないから、彼がいいって言ってくれている今の自分はかりそめの自分だよねと。
これから彼と結婚して、一緒になったとして、彼にもし自分の本音とか、できない部分とか、弱い部分とか見せたら、それこそ彼、離れていってしまうんじゃないと。
そういう風に、彼との結婚に対して、ブロックを抱えている方がいらっしゃるんですよ。
これは、何か本末転倒ですよね?
せっかく彼とうまくいくために、自分磨きをしているのに、だんだん疲れてきてしまって、しまいには、本当の自分で彼に愛されているという自信がないので、彼の愛を疑うようになってしまう。
これこそまさに悪循環じゃないですか。

自分の正直に生きること


でもね、こういう人もいるんですよ。
要するに彼に本音をいったり、彼にこういうふうに私は思ってるんだという考えを伝えて、時にはケンカになっても、ぶつかり合ってもうまくいって、成就までしてる人。
これは、今の自分とその人と何が違うんですか?とことなんですよ。
「え!自爆ってしていいの?」みたいなね。
でもちょっと勘違いしないでいただきたいのが、自爆というのは、いわゆる彼に気持ちをぶつけるという行為なんですけれども、そこに怒りが乗かってるわけじゃないですか。
だから自爆をどんどんしなさいというお話ではないんですね。
自爆は、できるだけしないほうがいいですよ。
なぜなら、自分の本音を伝えるときに、そこに怒りが乗っかってるからなんですよね。
怒りが乗っかった感情、そういう気持ちというのは、伝えようとしても伝わりにくい。
要は、キャッチボールをしようと思って、自分の気持ちというボールを投げたときに、そのボールがトゲトゲしかったら、彼だって受け取りにくいし、受け取ったらケガしちゃう傷ついちゃう。
だから受け取りたくないというふうに、拒否をしてしまう場合もあるわけですよね。
だから本当は、自爆というのは、適切なコミュニケーションではないんですが、それでも彼とケンカをしてもうまくいっている人は、なんでだろう?という話なんですが。
これは自分に正直に生きてるからなんですよ。
つまり、結論からお話しますと、頑張らなくても愛される人というのは、自分のことがよくわかっていて、自分に正直に生きている人なんですよ。
口で言うのは簡単ですが、自分の本音に、意外と気づいてない人というのは多いんですよね。
例えば、不倫恋愛をしていますと。
私は不倫恋愛の彼と一緒になりたいんです。
すなわち、自分の本当の本音というのは、彼に離婚してもらって、私と一緒になることを選んでもらうこと。
これが自分の心からの、本音の気持ちだって思ってることが非常に多い。
もちろんそれも、表面的な気持ちの部分では思っているんですよ。
本当に思ってるんでしょうけど、それが本当に魂からの本音かと言ったら、違う場合が結構あるわけですよ。

主軸を自分にする


まず、彼にこうなってほしいとか、彼に代わってほしいとか、その結果、私は安心したり愛されているなと信じられるようになる。
これ確かにそうなんです。
だけど、「彼に」とか、「彼が」と、彼が主軸になっているときというのは、自分の魂の本音じゃないんですよ。
だって、自分の本音なんですよ?
なぜ彼が主軸になっているの?と、おかしいじゃないですか。
なので、『彼が』とか「『彼に』という言葉が先に浮かんでくるときは、「あー私まだまだ自分の本音を掘り下げられてないなと思った方がいいです。
じゃあここから、どうすればいいかと言いますと、主軸が自分になるまで、どんどん自分の感情を掘り下げていくんですよ。
「私ってどう生きたいの?」「私はこの人生で何を成し遂げたいの?」「私はどんなコミュニケーションを、パートナーシップをとっていきたいの?」と、「私は」を聞いていくんですね。
そうすると、どんどん自分の本音に近づいていきます。
だから自分と向き合うときというのは、必ず「自分は?自分はどう思うの?自分はどうしたいの?自分は何を考えているの?」ということを、自分に聞いていくというのが、自分と向き合う基礎なんですね。
だから、彼にこうしてもらいたいというのは、彼が主体になってますから、本当は自分の本音じゃない。
本当に、果物でいったら皮の部分ですよね。
中身は皮の下にあるわけじゃないですか。
この皮の下がおいしいんだけど、そこに気づいてないみたいなね。
とにかく、彼が主語になっている時は、自分の本心じゃないよ。ということに気づいてください。

そして自分の本音に気づいて、それを彼に冷静に伝えられたときというのは、ちゃんと伝わります。
そこに怒りを乗っけるんじゃなくて、例えば「私はあなたに離婚してほしいと思ってる」ではなく、「私はあなたとこういう人生を歩みたいと思ってる」という言い方ですよね。
これを伝えることができる女性というのは、愛されるし、別に彼の前で理想の女性を演じようとしなくたって、本当に彼に真剣に思ってもらえてるんですよね。
これはもう、実際にクライアント様から聞いたお話なので、間違いないです。
なので、まずは自分の本音をしっかり掘り下げるということを意識してみてください。

最後に


そして高野那々の公式LINEにご登録いただいた方に、恋愛性格診断テストというのを送らせていただいてます。
これに答えていただくと、タイプが分かれてまして、そのあなたのタイプに合った10日間の無料音声講座が、毎日流れてくるようになっておりますので、自分に合った成就の方法が知りたいとか、成就マインドをどうやってインストールすれば効果的なの
かな?と、自分のタイプに合ったやり方がわかりますので、ご興味のある方は、ぜひLINEにご登録いただければと思います。

それでは、あなたと彼の関係が、もっと自分らしく、そして楽しめる恋愛になるようになることを願っています。

★LINE登録で未公開動画特典★
↓  ↓  ↓
公式LINE登録はこちらから” width=

★スマホでどこでも学べる★
セカンドから脱却講座のオンライン版!
思考の修正集中オンラインプログラム
↓  ↓  ↓

不倫成就論の最近記事

  1. 【あなたは大丈夫?】男性から嫌われる女性にありがちな行動5つ!

  2. 脱!都合の良い女!彼と対等にお付き合いするたった一つの方法

  3. 【悪用厳禁】言霊を駆使して現実の流れを変える!

  4. 彼との成就が現実になる!カンタン瞑想

  5. 【必見!】忙しい彼とラブラブになれる2つのポイント!

関連記事

Category