<div id="message"> <div class="contents"> <h3>Information</h3> <p><a href="https://takanonana.theshop.jp/" target="_blank" rel="noopener"><img src="https://nayami-kaiketsu.jp/wp-content/uploads/2012/08/banner_620_150_2.png" alt="" width="620" height="150" class="alignnone size-full wp-image-3281" /></a></p> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=8">>不倫恋愛を実らせるための無料メール講座</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=82">>カウンセリングご案内ページ</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/?p=3746">>クライアント様からのお喜びの声</a></br> <a style="font-weight: bold;" href="https://nayami-kaiketsu.jp/nana_profile">>高野那々のプロフィール</a> </div> </div>

苦しい恋愛を繰り返しているなら

いつも苦しい恋愛を繰り返しているなら


こんにちは、高野那々です。

過去、不倫を繰り返してきたり、付き合うと自分が追いかけてばかり…。

こんな風に、どこか安心できない恋愛が多かった、という方へ。

それって、あなたの信じる愛の形が、ちょっぴりズレているのかもしれません。

○○してもらえると、愛を感じる?


カウンセリングをしていると、彼に対して、

「連絡くれません」
「会いに来てくれません」
「将来の話をしてくれません」

など、してくれないことについて悩んでいらっしゃる方が、多いです。

逆に、いっぱい連絡してくれて、会いに来てくれれば、安心するし愛されていると思える。こうおっしゃるんですね。

もちろん、それが間違っているわけではありません。

でも、反対に、相手から求められ続けたら…?

きっと、疲れてくると思うんですね。

「私を満たして!」が根底にあると、あなたも常に不安と隣り合わせで、実は安心できないのです。

そして、そもそもこの思いは、親に対して抱いていたもの。

「親なら、私の側にいて当たり前」という気持ちが残っており、それを今は親ではなく、彼に求めている、ということなんです。

解説|欠乏感は、勘違いがスタート


子供の頃は、親が自分の思い通りにしてくれなかったことを、「愛がない」と定義しました。

でも、あなたは、たった一人で生きてきたわけじゃないんです。

誰かの愛があったからこそ、今ここに存在しているのではないでしょうか。

つまり、「愛されていない」という勘違いから、今でも彼に求めてしまうのです。

愛の定義を書き換えれば、恋愛で不安になることはなくなります。

そして、彼の中に、愛を見出せるようになります。

すると、今現在会えていなくても、2人の距離が縮まるのです。

5月11日(土)、愛の捉え間違いを修正するセミナーを、開催します!


恋愛の悩みは、捉え間違いから生じていることは、明確です。

マルッと修正しましょう!

募集は、3月25日(月)に、LINE@とメルマガより行いますね!



高野那々のLINE@へのご登録は、こちらから♪

監修:高野那々

2008年から、不倫恋愛専門のカウンセラーとして、活動を開始。
カウンセリング実績は、2000名以上。
また、セミナー講師として、今までに述べ150回登壇。
「自分が変わると相手も変わる」をテーマに、人生に変化をもたらすメソッドを広めている。
これまでに、100組以上を、不倫恋愛から結婚へと導く。

▼不倫恋愛関連記事

不倫恋愛の彼が重いと思う女性と、愛される女性の違い

不倫恋愛の彼と、復縁したい方へ

不倫恋愛で意地を張ってしまう理由

社内不倫で嫉妬したときの対処法

不倫恋愛がうまくいくのは、あなたが素直なとき

不倫恋愛の不安は、どこから来る?

10日間無料メール講座のご登録はこちらから。

10日間無料メール講座
お名前(苗字)  *
メールアドレス  *
ご登録されたいE-mailアドレスを入力し、登録ボタンを押してください。

ブログをメールで購読