Nana
Takanoofficial website

menu

Nana
Takanoofficial website

高野那々official website
恋愛・心のお悩み解決

自分が変われば
相手も変わり、
世界も変わる

高野那々official website -
恋愛・心のお悩み解決

  1. 幸せになれる考え方

辛い!苦しい!そんな時でもご自愛はできる?

こんにちは、高野那々です。

今回のテーマは「辛い苦しい!そんなときでも自分を大切にする方法」
というお話をさせていただきたいと思います。

今回は、辛いとき苦しいときでも自分を大切にする方法、というのが得られますので、ぜひ最後までご覧頂ければと思います。

苦しんでいる時に、自分を大切にすることはできますか?


では、辛い時苦しい時、いったいどうすればいいのか。
自分のことを大切にできないのか、というお話なんですけれども。
すごくご質問をいただきましたので、今回はそこがきっかけとなって、お話をさせていただくことになりました。
どういうご質問だったかと言いますと、今運転中なので読めないですから、頂いたご質問を口で言いますね。

要は、その方すごく私の youtube を普段から見てくださっていて、その中で疑問に思ったことがあると。
すでにお話ししていたらごめんなさい、ということだったんですけれども。
おそらくお話ししてないんじゃないかなと思うんですよね。
というのは、自分がクレクレになっているときに、自分の寂しさを埋めるために、彼を利用しているというのは分かります。
ここまで私も普段動画でお伝えしていることですよね。
だけでそこから、自分がその渦中にいるとき、辛い苦しい寂しいなーという時というのは、とっても感情的に揺れてるし、もちろん苦しいわけですから、そういう時は自分を大切にしてないということになるんでしょうかと。
そしてそういう時でも、思考の修正すぐにできないわけですから、そういう状態になったときにどうやったら、自分を大切にすることができますか?
というご質問だったんです。

非常に良いご質問と言います。
聞きたいという方、多いんじゃないかな?と思ったので、取り上げさせていただきました。

その感情を悪者にしない


まず感情について、もう1回おさらいです。
感情というのは、私たちはこの気持ちはいいものだとか、この気持ちは悪いものだと、意味付けをしますね?
例えば、嫉妬の感情、怒りの感情は、世間一般では、「嫉妬するのってよくないよね」とか「怒るってよくないよね」「イライラしないでいこうよ」
イライラしない人の方が、器が広いというか、いいよねっとされてるじゃないですか。
それはもちろんそうだと思います。
イライラしないで、いつも機嫌がいいというのは大切なことだと思います。
だけどその感情を感じることは、悪いことではないんです。
悪いことではない。
その感情自体は、悪者にしないで頂きたいんです。
なぜなら、ネガティブな感情というのは、私たちに大切なことを教えてくれてるわけです。
あなたは今自己肯定感が低くなっている時なんだね、みたいな感覚です。
でもこういうネガティブな感情を感じないと、私たちって気づかないわけです。
自分は本当に何を考えているのかというのを。
だからネガティブな感情というのは、本当の自分に気付くきっかけを与えてくれる。
自分にとっては悪いことだけではないんだよ、ということです。
もちろん感じ続けると、その感情に見合った現実を引き寄せるという性質がありますので、気分の切り替えはとても大切になってきます。
でもその苦しいとか寂しいとか、そういう感情を感じているからといって、自分を大切にしてないということにはならないです。
これはただ感情を感じているというのが現実なわけで、そこは良い悪いではないわけです。

どんな自分もOK!


じゃそんな時に、「どうやってご自愛できるんですか?」「本当にできるんですか」
これは結論から先に言いますと、「できます!」
だけど何かをやるっていうよりかは、逆にやらないっていうことをやってみて頂きたいです。
そのやらないことの代表としては、ポジティブになろうとするのをやめるということですね。
苦しいとか辛いという時に、「でもこんな感情を感じてちゃダメだよね」「早く切り替えなきゃ」「ポジティブにならなきゃ」「いいことを考えなきゃ」
こういうふうに思うことは、素晴らしいことなんですけれども、かえってそれがなかなか出来ない時に、自分責めに入ってしまう可能性が、非常に高いわけです。
なので無理にポジティブになろうとしない。
できないときもあるんだと。
できないときもOKしてあげることが、結果的に自分を大切にすることにつながるんです。
どんな自分でもOK、どんな感情を感じてもOK。
なので、頭の中でOK、OK、OK、OKと唱えることもオススメです。
これは本当に簡単にできるご自愛ですね。
どんな状況でもできるご自愛。
だから、苦しい時というのはそれに抵抗せず、苦しいんだけれども、1回そこに浸って見る。
「あー苦しいよなぁ。そうだよなぁ。彼に会えなくて、寂しいんだもんなぁ」と、これを口にする
だけでも、ちょっと気分変わります。
口に出すことによって、私たちは冷静な心を取り戻すことが出来るのです。
だから頭の中で、早く何とかしなくちゃ。何々しなくちゃ。と唱えるよりも、OK、OK、OK、OK!できな時もあるんだと、自分を肯定した方が、ご自愛につながります。
究極に、そういう時は何もしないのが一番なんですけれど、何もしない自分に許可を与えるといいますか、今日はもう何もしたくない、苦しいしやる気もない、無気力OKと、それくらいの感覚でいたほうが、かえってご自愛になります。
何か気持ち切り替えなきゃとか、何か自分にとって喜べるものを見つけなきゃとか、それももちろん素晴らしいです。
プラスの行動です。
でも人間、いつもいつもそれができるかというと、できないときもあります。
だからいいじゃないですか、できない時があったって。
私だって、できないときありますよ。
これ、どうやって良い面を考えたらいいかなー、みたいな。
しばらく考えることもある、でもOK。
そんな自分をOKしているうちに、自分に対する肯定感が高くなってきて、だんだん自分のことを「いいじゃん!」と、好きになれてくる。
そうするとご自愛というのも、スムーズにできるようになるのです。

最後に


なので自分が苦しい時というのは、「あ、これから先、スムーズにご自愛ができるために、今準備段階なんだ」「今できることというのは、やらないことだ」と、ポジティブになることを1回手放す。
それを意識して、ぜひそんな中でもできるご自愛、やって見ていただけたらなと思います。

★LINE登録で未公開動画特典★
↓  ↓  ↓
公式LINE登録はこちらから” width=

★スマホでどこでも学べる★
セカンドから脱却講座のオンライン版!
思考の修正集中オンラインプログラム
↓  ↓  ↓

幸せになれる考え方の最近記事

  1. 【重要!】迷った時の決断の仕方3つのポイント

  2. 簡単!誰でもできる波動の上げ方

  3. 落ち込んだ時に、すぐさまやるべき3つのステップ

  4. 成就を目指さないのは本気じゃない?私が発信し続ける理由

  5. 【初心者向け】自分で自分を癒す方法

関連記事

Category