Nana
Takanoofficial website

menu

Nana
Takanoofficial website

高野那々official website
恋愛・心のお悩み解決

自分が変われば
相手も変わり、
世界も変わる

高野那々official website -
恋愛・心のお悩み解決

  1. 幸せになれる考え方

完璧主義、理想主義の人、集合!生きやすくなるコツサムネ:完璧主義から解放される生き方

こんにちは、高野那々です。

今回のテーマは「完璧主義、理想主義の人集合!生きやすくなるコツ」
というお話をさせていただきたいと思います。

今回の動画は、完璧主義が手放せず、ついつい自分を責めてしまう人。
理想主義で、自分にも人にも厳しく、イライラしてしまう人。
こうでなければいけない、こうあるべきだという考えが強い人。
そんな人が、自分自身を受け入れて、ラクに自然体に生きられるようになる考え方をお伝えしていきたいと思います。
知っているのと、知らないのとでは、今後の人生が大きく変わってきますので、ぜひ最後までご覧ください。

そして高野那々の公式LINEにご登録いただいた方に、ただいま恋愛性格診断テストというのを配信させていただいております。
そちらに答えていただくと、自分の恋愛の傾向であったり、成就を目指すために必要なことがわかってきますので、ぜひご興味のある方は、ご登録ください。
あなたの診断結果に基づいた、10日間の無料音声講座も毎日送られてきますので、そちらも聞いていただいて、是非あなたと彼の恋愛にお役立ていただければと思います。

今日こそ自分を甘やかす


今回の動画は、あるご本のご紹介をさせていただきたいと思います。
♪ジャジャン♪大人気カウンセラー根本裕之さんの新刊でございます。
実は私のクライアント様、根本さんのファンすごく多いんですよね。
本当にたくさんの本を出版されてるんですけれども。
そのたびにこうして送っていただいて、私も読ませていただいて、本当に毎回勉強になるなと思っております。
なんと、根本さんも私のYouTubeを、時々観てくださっているみたいで、「特に車の中で話している動画がツボですな」とおっしゃっていただきました。
ありがとうございます!
根本さんもYouTubeをやってらっしゃるので、ご興味ある方はぜひぜひ根本さんのYouTubeもご覧になってみてください。

今回のこの本のタイトル『今日こそ自分を甘やかす』
すごいいいタイトルだと思いませんか?
頭では、自分で自分に優しくした方がいいとわかっていても、ついつい先延ばしにしてしまっている人は少なくないと思うんですよね。
この本は、自分にプレッシャーを与えがちな人、自分に厳しくて、自分に対してドSでドMな人に向けて、いろいろラクになる方法が考え方が書かれています。
でも実は、根本さんご自身が、自分に対して厳しくて、理想主義で完璧主義でドSでドMな人だったそうです。
正直、今の根本さんのイメージからすると、今の根本さんは程々に肩の力が抜けていて、ゆるさもあって、人に寛容で、そういうイメージなんですよね。
だから今の根本さんしか知らない方というのは、「えー!あの根本さんが理想主義で完璧主義だったの?」と驚かれるかもしれません。
なのでこの本を読めば、自分に厳しい人が、肩の力を抜いて、楽に生きられるようになっていくこと間違いなしですので、ぜひ読んでみていただきたいと思います。
根本さんが、本当に体現されているので、すごくどなたでも実践できる、素敵な方法ばかりご紹介されています。

自分にできるベストを尽くす


じゃあまず、自分に厳しい人は、どういうメリットがあるかということですよね。
自分に厳しくすることのメリットなんですけども。
理想を追えるとか、自分が優越感に浸れるとか、いろいろあると思うんです。
だけど反面、デメリットもたくさんあるんですよね。
いつまでも満たされないとか、それから自分を責めてしまう、自己肯定感がいつまでも上がらない、そしてもう1つは、他人にも厳しくなって、ジャッジをするようになってしまうということですよね。
いかがですか?どう考えてもしんどそうじゃないですか。
1つでも当てはまった方は、ぜひこの本を見ていただきたいと思います。

だけど、「それは頭ではわかってますよ」と。
「自分に厳しくせずに、自分は甘やかした方がいいってことはわかってるんです。でもできないんです」という方は、まずはここからやってみていただきたいんですけれども。
人は、できることしかできない。
だから今自分ができるベストを尽くそうという考え方なんですよね。
完璧主義や理想主義の人は、自分にできないことを課しがちなんですよ。
私もすごく経験あります。
自分のキャパ以上のことを抱えてしまって、結局できない。
結果的に、できない自分にばかり目がいってしまって、ますます自分を追い込んだり責めてしまうという、悪循環に陥ってしまうんですよね。
だからさっきの言葉を唱えるだけでも、すごく心が落ち着いてくると思います。
「人間、できることとできないことがあって、できないことはできない。だから今自分にできるベストを尽くそう」というアファメーションを、ぜひ自分に言ってあげてください。

自分に優しくするテクニック


そしてここからは、具体的なテクニックになります。
1つずつ自分に優しくしていくというやり方なんですね。

コンディションは一定じゃない


まず、「自分のコンディションは一定でないことを受け入れる」というのが1つあります。
結構、理想主義、完璧主義の方は、いつも自分が頑張ってなきゃいけない、元気でいなきゃいけない、というのがあると思います。
だけど、人間のコンディションは、天気とか気温と同じで、いつも一定じゃないんですよね。
落ち込む日もあれば、集中力が続かない日もあると。
そんな自分を受け入れるということが、大切になってきます。
本にも書いてあるんですけれども、「そんなもんだ、と自分を受け入れて、出来ることにエネルギーを向けよう」ということですね。

自分の心に発破をかける


そしてもう1つ。
「こんな自分じゃダメだという、心に発破をかけるのはやめよう」ということです。
こんな自分じゃダメだという奮い立たせ方というのは、恐れからの行動なんですよね。
この本でも表現されてるんですけれども、そういう自分を怖がらせて、なんとか原動力に変えていくというのは、自分の喉元にナイフを突きつけてるのと同じ状態だと。
怖くないですか?喉元に、自分で自分の喉元に、ナイフを突きつけてるんですよ?
どんなプレーだよって感じじゃないですか。
だから、恐れから来る行動は長続きしないんですよね。
長期的な成功は見込めないと、心理学ではこういう言い方があるそうです。
「恐れは瞬発力があるが、持続力はない」一方で、「愛は瞬発力はないが、持続力はある」ということなんですよね。
愛というのは、ここで言う意味とは、喜びとか楽しさとかうれしさとか、そういったポジティブな感情のことです。
たとえば彼との成就を叶えたかったら、「このままじゃ自分は幸せになれないよ!選ばれないよ!ダメだよ」という形で発破をかけるんじゃなくて、彼と楽しい結婚生活を送るために、今のうちから、自分で自分の人生を楽しく生きられるように、マインド磨きをしようという形で、いかに楽しみながら目標を叶えられるかということにフォーカスをしていくということですね。
どうしたら楽しめるかを考えることによって、どんどん心が楽になっていきます。

負けを認める


そして次、「負けを認めることが負けじゃない」
この考え方もすごく響きました。
クライアント様には、勝負志向を持ってらっしゃる方が少なくないんですよね。
不倫恋愛をしている人は特に、奥さんに負けたくない。不倫してる自分はなんだか惨めとか、2番目なんて許さないとか。
そうすると、彼に「だから私をもっと優先してよ」と求めがちになってしまうんですよね。
この生き方は、しんどくないですか?
だから、勇気を出して、敗北宣言をしましょう、ということが本に書かれています。
でも敗北宣言と聞くと、何かめっちゃ抵抗感感じませんかね?
私も昔はそうでした。
勝負志向がすごく強かったので、「負けを認めるって無理無理」と思ってたんですよ。
だけど、自分の弱さを受け入れるということが、楽に生きるためにすごく必要で、自分の中には弱い部分もあるんだということです。
強い部分もあるけど、弱い部分もあるんだ。
バラエティ豊かな存在だ、ということですよね。
負けを認めることで、もう一人の自分を表に出してあげよう。
こういうふうに、根本さんは表現されています。
そうするともっと楽になれる、ということですね。
だからそういう意味では、負けを認めることは、負けじゃなくて、もう一人の自分を表現する表に出す、ということだと捉えてやってみてください。

自分は無価値


そして次。
「自分はダメなところばかり」と思っていませんか?ということなんですよね。
自分に厳しい人は、自分のダメなところにばかり目がいってしまって、自分を責めて、無価値感を持っていたりすることが多いんですよ。
そういう、自分に厳しい人が愛用しているアイテムが、無価値観なんですよね。
多い人にオススメなワークが紹介されています。
あなたの長所や価値魅力を、3分間で30個見つけてください、というワーク。
これね、すぐに見つからない人結構いらっしゃるんじゃないかなと思います。
なので、ぜひやってみていただきたいなと思いますね。
この無価値感を取り除いて、自分の価値に実感を持つワークがいろいろ書かれています。
自分が今持っているものに価値を見るとか、1日1つ人を喜ばせることをする。
毎日寝る前に、誰かに感謝する。ほめ日記をつける。
こんなふうに、今すぐできそうなことが、たくさんこの本に紹介されていますので、是非1つ1つやってみて、少しずつ少しずつ自分を甘やかすということに慣れていってください。
最初は慣れなくて、抵抗感を感じるかもしれません。
だけどやっていくうちに、「甘やかしてもいいんだな、甘やかすって素直になることで、決して負けることじゃないんだな」というね。
さっき負けを認めることが必要だと、この本に書かれていることをご紹介したんですけれども。
負けを認めることは、自分は弱い人間だ、ダメな人間なんだとかということじゃないです。
弱い部分もあるよ、それを受け入れようね、ということなので、それをやっていくことによって、自分が1かわも2かわも受けることを実感すると思います。

最後に


ということで、全国の完璧主義、理想主義のみなさん。
この本は、本当に人生のバイブルになると思いますので、ぜひ本に書かれていることをやってみてください。
根本先生はですね、今まで20冊ほど出されているんですけれども、1つ1つが本当に私のクライアントさんにも響くことばかりなので、これからもまた新刊出たら、ご紹介させていただきたいと思いますので、ぜひみなさんも読んでみてください。
早速、私のクライアントさまでも、もう買いましたという方も、何人かいらっしゃいました。
ということで、あなたの人生がより充実したものになることを願っております。

★LINE登録で未公開動画特典★
↓  ↓  ↓
公式LINE登録はこちらから” width=

★スマホでどこでも学べる★
セカンドから脱却講座のオンライン版!
思考の修正集中オンラインプログラム
↓  ↓  ↓

幸せになれる考え方の最近記事

  1. これだけはやめて!運が悪くなるNGワード集

  2. 【初心者向け】引き寄せは、準備が9割!

  3. 心がめちゃくちゃ楽になる考え方ポイント3つ!

  4. 【9割の人が知らない】目の前の問題を解決しない方がいいワケ

  5. 【必見!】どうせ変われないんじゃないかと諦めそうになったら

関連記事

Category